ローバーミニ・クラシックミニ情報サイト│サンデイタイムス
クラシックミニと走る

クラシックミニと走る

この情報をシェアする

クラシックミニは生き物?

‘‘Miniはまるで生き物のようだ‘’とは、よく言われます。

確かに、ステアリングをちょっと切れば、ゴーカートのようにキビキビ曲がり、微妙なアクセルワークにも敏感に応える。

ハイテクに頼らずともドライバーの意志に忠実なところが、そんなふうに感じさせるのでしょうか。
事実Miniに乗っていると、不思議と人とクルマの鼓動が重なり合い、馬に乗っているときのような、文字通り人馬一体となって自分がクルマを操っている喜びを実感できます。

クルマに人が操られるのではなく、人がクルマを操る。
ハイテクが奪った、『クルマを操る楽しみ』こそ、Miniの魅力といえるのです。

Miniが生き物のように形容されるのも、Miniが単なる移動手段の領域を超えて、ハイテクだけでは得られない何か、人の能力が介在できる部分を大切に守り続けているからでしょう。

近年ではハイテクな車もどんどん増えていますが、Miniに乗り、クルマを自分で操る楽しさ、喜びを感じ続けていきたいですね。

 この記事を書いた人

カテゴリ別でクラシックミニオーナー取材情報を探す