ローバーミニ・クラシックミニ情報サイト│サンデイタイムス

190件のMiniオーナー取材情報を掲載中!


キーワードから探す

SUNDAY TIMES No.15

SUNDAY TIMES No.15

この情報をシェアする

今週はギター片手に『魚屋の♪』でお馴染みの柴谷剛さん特集です。

ドラムを奏でるロックな柴谷さん

バンドを組んでドラムを奏でるロックな柴谷さんは、キングスロードのイベントにはギターを持ち、冒頭の『魚屋の♪』は、柴谷さんが歌う面白いsongですが、独自の世界観でみんなを笑顔に変える、楽しくて優しい気持ちの持ち主。

2台目のMini

その人柄のルーツは、、やっぱりMiniにあり!
乗り始めたのは長女のRちゃんが生後半年の時の12年前。
初代は白の1300、A/TインジェクションのMiniでした。

それから10年ほど経ち、故障が原因でMiniを降りようとした時、奥様が一言
『あんたからMiniを取ったら何が残るの?』
と、当時家のリフォームを考えていたその貯金を旦那さまの生きる希望へと変えてくださった奥さまの一言があったから今の柴谷さんがあるんです。

3年前の3月に2代目を納車。1989年式ミニ1000cc、メイフィアが今の相棒です。

大きくなったらMiniに乗りたい!

娘さんと息子さんは生まれてからずっとMiniがある生活が当たり前で、2人ともキングスロードキッズイベントにも参加してくれています。
その中で娘さんは生活の中で感じていってくれたのでしょうね。
『お父さん、Miniっていいよね、可愛いよね。大きくなったらMiniに乗りたい!』ってこの前言ってくれたんだ!と、柴谷さんから涙がキラリ。
その娘さんの気持ちをあたたかく受け止め、優しい涙を見て私も思わずもらい泣きしてしまいました。

自分の好きなものに子が共感してくれる、、そんな幸せを感じてみえるんですね。
また、Miniに乗っているからイベントを楽しめたり、乗っていると注目されることも心地よさを感じちゃったりねっていう柴谷さんの嬉しそうな表情もいきいきしてみえます。

“Miniは五感を働かせて乗れるもの”
それを発見してMiniの走りも楽しみ続ける柴谷さんは、今月9日にお誕生日を迎えられました。

ずっと乗り続けたい!

『80歳になっても乗り続けたい!』と言ってくださる熱い思いを、キングスロードもずっとずっとお手伝いし、楽しんでいただきたいと思います。

Happy Birthday柴谷さん!

これからもMiniと一緒に家族の歴史、自分の生きる証を楽しんでいってくださいね。Miniがあるからその笑顔、ですね。

柴谷さんのMiniとキングスロード愛、いつも感じられてとても嬉しいです。取材ご協力ありがとうございました。ギョッ♪(o^^o)

車輌情報

年式
1989年式
排気量
1000cc
モデル名
ミニ メイフィア

取材情報

取材No.
15
お名前
柴谷 剛さん
取材日
2016年11月13日

この情報をシェアする

スマホで見る

QR Code

カテゴリ別でクラシックミニオーナー取材情報を探す