ローバーミニ・クラシックミニ情報サイト│サンデイタイムス

190件のMiniオーナー取材情報を掲載中!


キーワードから探す

クラシックMiniに惚れた

クラシックMiniに惚れた

この情報をシェアする

今週は97年式 クーパー1.3iを20年前から大切に乗ってみえる牧野 直一さん特集です。
牧野さんのお話を聞くと、どっぷりMiniにハマりキングスロードにハマる様子がとても伝わってきます。
3つのキーワードで牧野さんが感じるMiniについて伝えてくれました。

すべてはこの1台のMiniから

『すべてはこの一台ではじまった』
こんなに楽しめて、異業種の人と出会い、感じる事がなかったかもしれない思いをMiniからもらったと牧野さんは話してくださいました。

牧野さんはMiniに乗ってから、レースにも15年間参戦してみえ、仲間たちと夜中の22時、時には日付が変わった時間までレース談義をする日々が続いたり、追求していく中でついにはセントラルサーキットまで行き、永久ライセンスまで取得するほど!
Miniのレースの歴史を支えてきてくださったお一人ですね。

Mini専用ガレージ!

また、Miniを置くスペースが欲しいとご自宅にMini専用のガレージを作ってしまうほど。
今キングスロードではInstagramにてフォトコンテストを行っておりますが、その”大人が憧れるガレージ”も投稿していただいております。

イギリスにも2度行かれており、イギリスという国の景観だったり、人々の物を大切にする精神など、Miniの故郷の良さも感じられているようです。
『これからは若い人がまたMiniを通じて楽しむ場であって欲しい』
キングスロードでレーシングカーを中心にして話していたり若い子がMiniに乗り、お店に来てどっぷりハマっていく様を見ると、すごく気持ちがわかるし、後藤くんの雰囲気でみんなが集まるこの場所はかけがえのない物なんだよね。
そんな場所はなかなかないんだよ。
みなさんそれと出会えて幸せだね☆と満面の笑みで伝えてくださいました。

ご自身が壮年期から今までの身体や心で感じてきた思いを、Miniを楽しむ若い世代へ受け継ぐ喜びを感じてみえる、歴史の貫禄と何より牧野さんの心のあたたかさを感じました。

入り込んだ世界が奥深く、波長が合う心地よさを牧野さんは楽しまれており、最後に『Miniにも惚れて後藤くんにも惚れた』と話す牧野さんは本当に穏やかな表情が印象的でした。
一台の車から人生の価値観も変わっていき、人との繋がりを大切にしてみえ、奥深いところまで感じていかれる牧野さんは、きっとこれからも心からMiniとの生活を楽しまれることでしょうね。

そんな牧野さんを私たちもこれからも笑顔へと変わる場所であり、楽しみを提案できる場であり続けるよう努力していきたいと改めて感じさせていただきました。

牧野さん、ご協力ありがとうございました。
またお店でお会いできることを楽しみにしています(^-^)v

車輌情報

年式
1997年式
排気量
1300cc
変速機
MT
モデル名
クーパー1.3i

取材情報

取材No.
17
お名前
牧野 直一さん
取材日
2016年11月27日

この情報をシェアする

スマホで見る

QR Code

カテゴリ別でクラシックミニオーナー取材情報を探す