ローバーミニ・クラシックミニ情報サイト│サンデイタイムス

190件のMiniオーナー取材情報を掲載中!


キーワードから探す

ゴーカート感がたまらく楽しい

ゴーカート感がたまらく楽しい

この情報をシェアする

今週の特集は清水さんご夫妻です。

2台目のクラシックMini

今ではかなりレアなボルケーノオレンジ、スポーツパックをこよなく愛して乗ってみえます。

清水さんとMiniとの出会いは10年以上前に。

先輩がMiniを譲ってくれるっていうから、譲ってもらったんです。

でも、まさかの全損、、

電柱がぶつかってきたという驚き。

廃車になってしまい、、

しかし、初代のMiniはラジエーターの水は漏れる、オイルは継ぎ足しし続けてるからオイル交換しなくてもいいんじゃないってほど、不調だったんだそう。

でもゴーカート感はたまらなく楽しくて、Miniを辞めるという選択肢はなかったようで、やっぱりMiniを探そうとなったそうです。

メンテナンスで絶好調

そして、キングスロードへ。
当時から元気いっぱいのBossと出会い

ゴールドかかったオレンジあるよって言われて、、

驚くほど絶好調の毎日。
オイル交換と車検のみのメンテナンスで毎日楽しんでいるそうです。

そう、きっと清水さんは今、

Mini本来の走りや楽しみ方ができているんでしょうね。

ミラー変えたいなぁなんて思ってみたり♪

奥さまに変えたいなら変えたらいいじゃんなんて言われたり、、笑

そんな仲良しご夫婦、

奥さまはこれまでの旦那さまのことをこう語ります。

Mini乗るまでは、よく車を乗り換えてたんです。
これだ!って決めたけど、なかなかフィットしずに乗り換えることを選択していたんだけど、Miniに乗ってからはピタッと乗り換えることをやめて楽しそうにしているから、Miniに乗ってる旦那さまのこともなんだかんだ言いつつも優しく見守っていることを教えてくださいました。

自分で走らせている操ってる楽しさ。爆音が心地よく最高の楽しさ。と笑顔で語る清水さん。

初めは安いし、簡単だしオートマにしよって思っていたけど、お店もアフターフォローがあまりなさそうで不安しかなかった。と、Miniを購入する時の説明やその後のメンテナンス、、

そんな不安をキングスロードで取れたことを伝えてくれました。

物静かな優しい清水さんですが、

その中に熱くうずくMiniへの思いがあることを今回教えてくださった心が私たちも嬉しいです。

驚きだったのは、初代の清水さんのMiniの元々の持ち主は

今、キングスロードのお客様でサーブブルーのキレイなMiniに乗っている20代の女の子のお父さんだったってこと。

そんな、素敵なつながりもMiniだからこそな感じがします♪

清水さんご夫妻、取材ご協力をありがとうございました。

これからもぜひ、楽しみ続けてくださいね。

車輌情報

カラー
ボルケーノオレンジ
変速機
MT

取材情報

取材No.
171
お名前
Mr. and Mrs.Shimizu
取材日
2020年7月5日

この情報をシェアする

スマホで見る

QR Code

カテゴリ別でクラシックミニオーナー取材情報を探す